ピジョット - ポケモン対戦考察まとめWiki|レッツゴー(ピカブイ)

ピジョット 節を編集

No.018 タイプ:ノーマル/ひこう
体重  :39.5kg(けたぐりの威力60)

メガピジョット
タイプ:ノーマル/ひこう
体重 :50.5kg (けたぐりの威力80)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
ピジョット8380757070101479
メガピジョット83808013580121579

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/こおり/いわ
いまひとつ(1/2)くさ/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしじめん/ゴースト

序盤鳥の片割れであるノーマル×ひこう複合タイプ。
同複合で一番まともな耐久力と100族を抜けるS101が魅力だが、物理ひこう技が貧弱なためそのままだとドードリオの使い勝手に劣る。
メガシンカすることで同複合では群を抜いた特殊アタッカー適性を得る為、明確な差別化が可能となる。

ただしメガピジョットでも特性ノーガードと技ぼうふうを失ったことで本編シリーズのような火力は出せない。
ひこう+ほのおの技範囲だけならリザードンやファイヤーのほうが上手く扱えるので、高い素早さを活かした立ち回りを心掛けたい。

教え技のねっぷうを、ピカブイではピジョットのレベル技から思い出せるようになっている。

各形態の詳細は下記形態考察に委ねる。


形態考察 節を編集

通常ピジョット 節を編集

バランス型の能力値。
そのままでもなかなか素早いが、物理技が低威力のつばさでうつか溜めの要るそらをとぶ・ゴッドバードしかないので、アタッカー運用は難しい。
本編シリーズならおいかぜサポートやフェザーダンスでの物理流しもできたが、それらも失っている。
メガシンカ枠を他に譲るならピジョットよりドードリオの方が攻撃性能は遥かに上であるため、アタッカーとして使われることはまずない。
耐久力はそこそこあるので、はねやすめをメインに据えた耐久型なら通常型でも戦える。

メガピジョット 節を編集

ピカブイノーマルではトップ・ひこうタイプではメガリザードンYに次ぐ特攻135と、120族を追い抜く素早さ121を手に入れる。
もちろん弱くはないが、ぼうふうとノーガードを失った影響でスペックが大幅ダウンしメガシンカ枠を消費するにはやや魅力に欠ける。
最速のエアスラッシュ使いではあるので、まひを撒いてもらうなどして上手に運用したい。


技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
エアスラッシュ75(112)95怯み30%威力は物足りないが高速なのでひるみを活かせる。
ねっぷう9590やけど10%優秀なサブウェポン。はがねタイプに有効。
ピカブイでは思い出せる。
はかいこうせん150(225)90使用後1ターン
行動不可
ピカブイノーマル特殊最大火力。散り際や最後のタイマンで。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
ゴッドバード200(300)90ひるみ30%
急所ランク+1
隙が大きい溜め攻撃。ピカブイでは威力が上昇している。
そらをとぶ90(135)95タメ攻撃ゴッドバードより威力は劣るが、溜め中は一部の技を除いて躱すことができる。
とんぼがえり70100交代交代読みや攪乱に。これのおかげで先発採用しやすい。
でんこうせっか40(60)100優先度+1最後のダメ押しに。あると何かと便利。
変化技タイプ命中備考
どくどく90耐久ポケモン対策として。
ふきとばし-貴重な強制交代技。積み技やみがわりを使ってくる相手を流せる。
こうそくいどう-自分より速い相手と戦いたいなら。まひのSダウンを取り返すのにも。
リフレクター-先手で貼りやすい。後続の補助にも。
はねやすめ-どくどくのターン稼ぎに。
みがわり-様子見、状態異常技の回避、ゴッドバードの溜めに。
オウムがえし-みがわりと合わせて状態異常技を掛け返せる。

型考察 節を編集

メガピジョット 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

性格:おくびょう
確定技:エアスラッシュ
優先技:ねっぷう
選択攻撃技:とんぼがえり/でんこうせっか/はかいこうせん
選択変化技:みがわり/オウムがえし/どくどく/はねやすめ

素早さを活かして上から叩く特殊アタッカー。
技威力の関係で火力があまり出せないので、上手に行動回数を稼ぎたい。

ノーガードが失われ一撃必殺を返しても旨味が少なく、ゴースト技は無効、ドラゴン技の採用率も高くない環境であり、
オウムがえしは主にみがわりと合わせた状態異常返しとして採用する。
ただし耐久型を重く見るならどくどくを直接撃ったほうが確実。

毒羽型 節を編集

性格:ようきorおくびょう
確定技:どくどく/はねやすめ
選択攻撃技:とんぼがえり/つばさでうつ/そらをとぶ/エアスラッシュ
選択変化技:みがわり/ふきとばし

相手を猛毒状態にしてはねやすめで粘る耐久型。
先制ではねやすめできれば単ノーマルタイプになり、弱点が大きく減る。
弱点になるかくとうにはタイプ相性で有利に立てるので、呼びにくいのも利点。
メガシンカしなくてもある程度戦うことができ、メガピジョット対策を立てていた相手の意表を突くこともできる。


対ピジョット 節を編集

注意すべき点
メガピジョットは高い特攻・素早さを併せ持ち、エアスラッシュの怯みによる強行突破の危険性が常に付きまとう。
特殊ほのお技も扱うためはがねタイプで安易に受けることができない。
ピカブイノーマル特殊最大火力のはかいこうせんも脅威。
対策方法
いわタイプに対する有効打を持たず、繰り出しから対処できる。
怯みのリスクがあるためある程度体力に余裕をもって相手をしたい。
プテラや高速でんきがパーティにいれば、上から叩いて倒すことも十分可能。
まひにも弱いが、みがわり→オウムがえしのコンボがあるため使うならでんきタイプで。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

LPLE威力命中タイプ分類PP備考
ポッポピジョンピジョット
--1ゴッドバード20090ひこう物理5
--1ねっぷう9590ほのお特殊10
111たいあたり40100ノーマル物理35
-11すなかけ-100じめん変化15
-11かぜおこし40100ひこう特殊35
-11でんこうせっか40100ノーマル物理30
333すなかけ-100じめん変化15
555かぜおこし40100ひこう特殊35
999でんこうせっか40100ノーマル物理30
111111オウムがえし--ひこう変化20
151515つばさでうつ60100ひこう物理35
171717はねやすめ--ひこう変化10
212525ふきとばし--ノーマル変化20
233131こうそくいどう--エスパー変化30
273943エアスラッシュ7595ひこう特殊15
294553かまいたち80100ノーマル特殊10

育成 節を編集

性別♂:♀=1:1
進化条件ポッポ(Lv.18)→ピジョン(Lv.36)→ピジョット