ゴローニャ - ポケモン対戦考察まとめWiki|レッツゴー(ピカブイ)

このページは通常フォームのものです。
リージョンフォームはこちら→ゴローニャ(アローラのすがた)

ゴローニャ 節を編集

No.076 タイプ:いわ/じめん
体重  :300.0kg(けたぐりの威力120)
ゴローニャHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
ゴローニャ80120130556545495
ゴローニャ(アローラ)80120130556545495
重火力岩・地HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
ゴローニャ80120130556545495
サイドン105130120454540485

ばつぐん(4倍)みず/くさ
ばつぐん(2倍)こおり/かくとう/じめん/はがね
いまひとつ(1/2)ノーマル/ほのお/ひこう/いわ
いまひとつ(1/4)どく
こうかなしでんき

高めの物理火力・耐久を持ついわじめんタイプのポケモン。
物理面のステータスは優秀で一致技やサブウェポンの攻撃範囲も広いが、弱点の多さと脚の遅さが気がかり。

表記の並びが違うものの、同複合であるサイドンとの差別化が難しい。
特殊耐久で若干勝るものの、物理面では攻撃力・耐久力ともやや劣る。
習得技もサイドンのほうが豊富であり、ゴローニャ特有の技はだいばくはつくらい。
特性がんじょうによる行動保証も失われていて運用難易度自体も上がっている。
以上のように総合的な面ではどうしても劣るが、両者の直接対面では僅かな素早さの差でこちらに軍配が上がる。



技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
じしん100(150)100--タイプ一致主力技。外す理由はない。
いわなだれ75(112)90怯み30%タイプ一致技。怯みは期待できない。
ばかぢから120100攻撃↓
防御↓
ノーマルへの有効打に。デメリットを重く見るならかわらわりもある。
だいばくはつ250100--自主退場や最後っ屁に。サイドンとの差別化要素。
だいもんじ11085火傷10%役割破壊用。ほのおのパンチと選択。
ほのおのパンチ75100火傷10%対くさ。れいとうパンチは覚えられない。
変化技タイプ命中備考
ステルスロック--後続の補助に。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

性格:いじっぱり/しんちょう
確定技:じしん/いわなだれ
選択技:ばかぢから/だいもんじ/ほのおのパンチ/だいばくはつ/ステルスロック/まもる

優秀な物理ステータスを活かして戦う物理アタッカー。
対でんき・ほのお・ひこう・どく要員として活躍できる。
ピカブイにはくさむすびやめざめるパワーがないので、役割破壊は受けにくい。

サイドンとの差別化は頭が痛いところだが、一致技の範囲が優秀なのでだいばくはつは無理なく組み込める。
特防の差は僅かであるものの、サイドンが中乱数で落ちるメガミュウツーYのサイコキネシスを無補正でも確定耐えできる。
また、D補正をかけることで相棒ピカチュウのざぶざぶサーフを5割で耐えて反撃できる目がある。


対ゴローニャ 節を編集

注意すべき点
一致技が岩・地面と範囲が広く、火力も高いので並の耐久の受けを許さない。
だいばくはつは要警戒だが、ピカブイのだいばくはつ半減以下のポケモンは全員が一致技で弱点を突かれるので非常に厄介。
対策方法
物理アタッカー全般に言えることだが、火傷がよく効く。
鈍足で弱点も多く特殊耐久は低いので、特殊アタッカーで上を取れれば一撃で倒すのも難しくない。