パラセクト - ポケモン対戦考察まとめWiki|レッツゴー(ピカブイ)

パラセクト 節を編集

No.047 タイプ:むし/くさ
体重  :29.5kg(けたぐりの威力60)
草/虫HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
パラセクト609580608030405

ばつぐん(4倍)ほのお/ひこう
ばつぐん(2倍)こおり/どく/むし/いわ
いまひとつ(1/2)みず/でんき/かくとう
いまひとつ(1/4)くさ/じめん
こうかなし---

ピカブイでは唯一の「くさ×むし」複合タイプであり、同時に唯一の「キノコのほうし」使い。
100%命中するねむり技が強いのは言うまでもなく、状態異常の回復手段が非常に限られるピカブイ環境ではキノコのほうしがことさら強い。
一度有利対面さえ作ってしまえば、非常に強力な起点づくり性能を発揮する。

ただし、パラセクト本体は種族値が低く弱点も非常に多いので、繰り出すタイミングをかなり選ぶ。
ピカブイでは実用的な物理くさ技を覚えなくなっていることもあり、アタッカー性能にはあまり期待できない点にも注意。

遺伝技だったやどりぎのタネは、パラセクトのレベル技から思い出せる。



技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
きゅうけつ80(120)100HP吸収タイプ一致技。回復効果がうれしい。くさを狩るためには必要。
かわらわり75100-対はがね。壁破壊にもなるが威力は控えめ。
変化技タイプ命中備考
キノコのほうし100採用理由。警戒されやすいが役割遂行には欠かせない。くさに無効。
やどりぎのタネ90妨害技。一貫性も高く使い易い。
まもる--ねこだまし回避や様子見に。やどりぎの時間稼ぎにも。
ひかりのかべ--特防強化。後続への補助にもなる。
リフレクター--防御強化。サポートに。ピカブイで再習得。
みがわり--状態異常回避。やどりぎやキノコのほうしとも相性はよい。ほえるに注意。
せいちょう--攻撃特攻強化。積み技はこれだけ。

型考察 節を編集

特殊流し型 節を編集

性格:しんちょう
確定技:キノコのほうし/やどりぎのタネ
優先技:きゅうけつ/みがわり
選択攻撃技:かわらわり
選択補助技:まもる

みず・でんき耐性を活かして特殊アタッカーに繰り出し、やどりぎのタネやキノコのほうしで負担をかける。
環境上位のでんきタイプが軒並みサブウエポンに乏しいことや、みずタイプに高HP種族が多くやどりぎが刺さりやすいのは嬉しいところ。
耐久は中の下だが、みず技+不一致れいとうビームくらいならなんとか耐えられる。

やどりぎのタネとキノコのほうし無効のくさタイプに刺さるきゅうけつの優先度は高い。
ただしいずれの技もフシギバナには通らないので、フシギバナを出されたら素直に退いたほうがよい。


対パラセクト 節を編集

注意すべき点
キノコのほうしによる起点づくり性能。
対策ができていないと、これひとつで強烈な圧力をかけられる。
やどりぎときゅうけつによる回復能力もあるので、みがわりを貼られるとしぶとく粘られる可能性も。
対策方法
足が遅い。
先手でちょうはつするかみがわりを貼ってしまえば、キノコのほうしとやどりぎのタネを両方抑え込んでしまえる。
くさタイプを繰り出すのも効果的で、くさ×どく複合ならばむし技を然程恐れずに繰り出せる。
Aナッシーのかえんほうしゃで倒してしまうのも手。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

LPLE威力命中タイプ分類PP
パラスパラセクト
-1やどりぎのタネ-90くさ変化10
-1いやなおと-85ノーマル変化40
11ひっかく40100ノーマル物理35
-1ねむりごな-75くさ変化15
-1しびれごな-75くさ変化30
-1どくのこな-75どく変化35
-1すいとる20100くさ特殊25
22ねむりごな-75くさ変化15
44しびれごな-75くさ変化30
66どくのこな-75どく変化35
99すいとる20100くさ特殊25
1212せいちょう--ノーマル変化40
1515みだれひっかき1880ノーマル物理15
1919きりさく70100ノーマル物理20
2323きゅうけつ80100むし物理10
2733キノコのほうし-100くさ変化15
3143シザークロス80100むし物理15

育成 節を編集

性別♂:♀=1:1
進化パラス(Lv.24)→パラセクト