カイリキー - ポケモン対戦考察まとめWiki|レッツゴー(ピカブイ)

カイリキー 節を編集

No.068 タイプ:かくとう
体重  :130.0kg(けたぐりの威力100)
種族名HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
カイリキー9013080658555505

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

単かくとうタイプの一体。
メガシンカを必要としないピカブイかくとうでは最高値の攻撃130を誇る。
技威力の関係で最大火力はサワムラーに譲るものの、安定した耐久力で多くの相手と撃ちあえる。

火力は高くサブウエポンも豊富な一方、能力が下がるばかぢからか威力不安定のけたぐりからメインウエポンを選ばなければならず、
技を両立するなりビルドアップで補うなりなんらかの工夫が必要となる。
特性こんじょうを失い火傷に耐性がなくなったことや、環境の中心にエスパータイプがいることなどもあって、運用難易度がやや高い。

けたぐり・アンコールはレベル技から思い出せる。



技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
ばかぢから  120(180)100攻撃・防御↓タイプ一致技。火力は高いが攻撃・防御ダウン。当て逃げ用。
けたぐり   20(30)~120(180)100-威力が相手の体重に左右される。ラプラスカビゴンメルメタルには常時最大威力で撃てる。
いわなだれ  7590ひるみ命中に隙があるが、ひこう・むしに通りメインとの補完に優れる。
じしん100100-ゲンガーAガラガラの2体に通る。Aベトベトン対策にも。
どくづき80100毒30%対フェアリー。対面では撃ち難く、交代読みだとゴーストには半減される。
れいとうパンチ75100凍り10%ひこうに有効で抜群範囲が広い。くさ×どくやくさ×エスパー、ドラゴンへの有効打になる。
かみなりパンチ75100麻痺10%ギャラドスのメガシンカ前後に一貫する。
ほのおのパンチ75100火傷10%はがね→むしに一貫するが、ピカブイははがねもむしも少ない。
変化技タイプ命中備考
どくどく90耐久型に対して。
ビルドアップ-貴重な積み技。ばかぢからの能力ダウンを交代なしで取り返すのにも。
アンコール100積み技などを縛れるとおいしい。鈍足なのでやや使いにくい。
ねむる   -唯一の回復技。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

性格:いじっぱり
確定技:ばかぢからorけたぐり(両立可)
選択攻撃技:いわなだれ/じしん/れいとうパンチ/かみなりパンチ/ほのおのパンチ/どくづき
選択補助技:ビルドアップ/みがわり/どくどく/アンコール

130ものA種族値から繰り出す物理技の数々で相手をねじ伏せる。
かくとう+いわで広範囲がカバーできているのでメインウェポンは両立しても良い。
ピカブイゴーストに一貫するじしんも優先度が高い。


対カイリキー 節を編集

注意すべき点
超火力のばかぢからを筆頭にじしんやいわ技、三色パンチによる広い攻撃範囲が何よりの脅威。
耐久力も安定しており一致弱点でもなければ1発耐えられて手痛い反撃が飛んでくる。
対策方法
素早さが低いため上を取れるエスパーやフェアリー、ひこうタイプで相手をしたい。
物理耐久の高いヤドランなどで受けるのも良い。
おにびで火力を奪ってしまうのも手。